ゆれる2006/09/03 14:34

ゆれる
公開されてから見に行きたいと思いつつ、やっと見に行けた「ゆれる」

なかなか感じた事を言葉にするのが難しい。稔と猛の2人(この映画では兄弟)の心の動きが様々な角度から観れて、その対比が心の溝(信頼・愛憎・家族とかに対する)をより一層引き立ててる。そして最後のシーンが僕は好きだ。

人を信じるという事は、本当に信じることができるまでは、ものすご~く大変だと思う。

信じること、信じられること。
裏切ること、裏切られること。
奪うこと、奪われること。
許すこと、許されること。
弟であること、兄であること。

つまりは人であること。不完全だからこそ、この信じ、裏切り、憎しみ、解り合い...といういつも、もやもやとある感情の連鎖。これが僕は生きているということだと思う。

そしてそれを乗り越えられたら「許す」という所に辿り着けるのかも。そうすると信じるとかそういうものではなく、そこにあるがままの穏やかに生きることができるのだろう。

そんな中で、知恵子は掴みどころのない稔と猛の間のもやもやした感情(蟠りかな?)を具現化した存在のように感じられた。二人の感情が合わさり、それが一人の新しい人間として言葉を伝えてくれてる感じ。

あと、一つ一つの台詞がジャブのように効いてくる、キム兄の検察官は面白かった。最初は、検事なのか弁護士なのか分からなくなるようでもあった。事件の真実を追うのって「氷壁」を思い出しました。


ストーリー(公式HPより)
東京で写真家として成功した猛は母の一周忌で久しぶりに帰郷し、実家に残り父親と暮らしている兄の稔、幼なじみの智恵子との3人で近くの渓谷に足をのばすことにする。
懐かしい場所にはしゃぐ稔。
稔のいない所で、猛と一緒に東京へ行くと言い出す智恵子。
だが渓谷にかかった吊り橋から流れの激しい渓流へ、智恵子が落下してしまう。その時そばにいたのは、稔ひとりだった。

事故だったのか、事件なのか。
裁判が始められるが、次第にこれまでとは違う一面を見せるようになる兄を前にして猛の心はゆれていく。
やがて猛が選択した行為は、誰もが思いもよらないことだった──。


原案・脚本・監督:西川 美和
出演:オダギリジョー、香川 照之、伊武 雅刀、真木 よう子

コメント

_ ミチ ― 2006/09/03 23:38

こちらにもTBを・・。
鑑賞後なんともいえない気持ちになり、感想を書くのがとても難しいですよね。
どこに視点を置くか、誰に感情移入するかでも感想は変わってくると思います。
役者さんたちの演技も素晴らしかったです。

_ kino ― 2006/09/05 07:59

TBありがとうございました。
こういう映画を見ると、”日本映画っていいなぁ”と思えます。
香川照之の演技は素晴らしかったです・・・。
西川監督、人の心の隠しておきたい部分にグイグイ踏み込んでくるところがすごいですね。今後が楽しみです。

_ sabunori ― 2006/09/05 19:08

TBありがとうございました。
兄弟(姉妹)って一番身近なようで実は何にもわかってないのかも・・・と思うことって確かにあります。
大好きな反面妬みをもったり複雑でドロドロした兄弟の心情を実にうまく見せてくれた作品だと思います。
何よりも「ゆれる」というタイトルが絶妙ですね。

_ raccoon ― 2006/09/05 23:50

ミチさんTB&コメントありがとうございます。
出てる俳優さんの演技上手いからでしょうね、ちょっとしたシーンでも迫力あって結構のめり込みますね。

_ raccoon ― 2006/09/05 23:54

kinoさんコメントありがとうございます。
日本映画の好きな所はやっぱり日本人の心情を伝えてくれるところですね。西川監督って女性らしからぬ大胆なストーリー展開があり、でもものすごい女性らしい映像も見せてくれる気がします。

_ raccoon ― 2006/09/05 23:58

sabunoriさんコメントありがとうございました。
そうなんですね。僕は一人っ子なので兄弟って実感はないんです。近すぎると見えない、近すぎるが故に芽生える感情みたいなものがあるんですかね。
好きが過ぎると嫉妬や憎しみが生まれるようなものかもしれませんね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://schicksal.asablo.jp/blog/2006/09/03/509179/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ ミチの雑記帳 - 2006/09/03 23:42

映画館にて「ゆれる」

『蛇イチゴ』の西川美和監督のオリジナル脚本による第二作目。

サスペンスタッチのストーリーと裁判劇という全く私好みの作品。どこから感想を書いていいかも分からないほどいろいろ言いたいことが山のように出てくる。とにかく“ゆれ”ます。登場人物の“ゆれ”と共に観客も否応なく“ゆれ”ます。

閉塞的な狭い町で家業を継いだ兄・稔(香川照之)と、そんな田舎から飛び出して東京でカメラマンとして成功を収めている弟・猛(オダギリジョー)。吊り橋を渡れない兄は地元に残り、吊り橋を渡った弟は都会へ出たというふうに、“吊り橋”が兄弟の対比を生む。弟が法事のために久しぶりに帰省したシーンでこの兄弟の関係が良く分かる。ただし都会で成功している弟も田舎へ帰れば服装や髪型からして浮いており、居心地が悪そう。

猛が昔なじみの智恵子(真木よう子)と関係を持つエピソード。昔の女が自分の兄とちょっとイイ感じなのに嫉妬して、自分への気持ちがまだある事を確かめるかのように関係を持つ。そのあとの智恵子の態度の変化が痛い。再会した時は他人行儀だったのに一度関係を持ってしまえば昔に戻ったように馴れ馴れしくなり、都会への夢を再び語りだす。そんな智恵子のモーションにわざと気づかぬ振りをする猛。かつて猛と共に都会へ出ようかどうか迷って、結局渡れなかった“吊り橋”。それを今度こそ渡ろうと、猛との関係復活によって智恵子の中に生じた変化からすべての悪夢は始まった。

智恵子と関係を持った後、家へ帰ると稔が背中を丸めて洗濯物をたたんでいる。その時のやり取りで稔は二人の間に性的関係があったと感づく。この瞬間から稔の猛への気持ちも揺れはじめたように思う。

智恵子が吊り橋から転落した瞬間、長めの無音の時間が恐ろしい。
転落する前後のことはいろんなパターンで描かれる。一体何が起きたのか、真実は何か、誰にも分からないことが緊迫感を呼び、ワンシーン終わるたびに深く息を吸わねばならぬほど。

法廷劇になってからはますます目が離せなくなる。すべてが丸裸にされる場所、法廷で、最初は猛は稔をかばおうとしていた。
ところが、2回の兄弟の面会を経て温和な稔の本音が出てくる。
猛が故郷を捨てた事を「逃げてばっかりの人生だよ」と自嘲的に言うのを、稔は「つまらない人生からな」と返す。
「なんでこうなっちゃうの?何でこんなに違うの?俺

_ Brilliant Days - 2006/09/03 23:50

泣けた、とても・・ この兄弟関係に自分たちを重ねて共感し、 目頭を熱くした観客は多いと思う。。 レディース・デイだったからか、 それとも口コミで評判が広がったからなのか? 公開してもう一ヶ月近く経つのに 満席立ち見が出ていました! ストーリーは”火サス風”?だの..

_ こっちゃんと映画をみまちょ♪ - 2006/09/04 08:53





こっちゃんポイント ★★★★★






鑑賞環境
映画館(シアターキノ) 

上映間
119分

製作国
日本

公開情報
劇場公開 (シネカノン)

初公開年月
2006/07/08

ジャンル
ドラマ/サスペンス/ミステリー

写真家の猛(オダギリジョー)は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔(香川照之)とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子(真木よう子)と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自然へカメラを向ける猛。そんな彼がふと吊橋を見上げた時、橋の上にもめている様子の稔と智恵子がいた。そして次の瞬間、そこには谷底へ落ちた智恵子に混乱する稔の姿だけがあった…。
 
(goo映画より抜粋)

すごい、すごいと言われているこの映画が、ようやく札幌にも来ました。早速、上質なミニシアターのレイトショーに足を運ぶことに。
その日、場内は半分ほどの入りだったように思えましたが、この映画を観ていると、まるで空気が薄くなったかのような息苦しさを覚えてしまいます。不思議です。満員でもないのに。
とにかく本当に心が締め付けられるような映画でした。
映画というものは、ここまで人間心理を深く描くことができるものなのか?その驚きにまたしても言葉を失い、ただひたすら この物語のどこかに救いを求めつつスクリーンを見つます。
あまりにも違いすぎる兄弟。傍目から見れば、兄は堅実。そして、弟は自由人。片田舎に育った二人だったが、当然のごとく兄は地元に残り父の経営するガソリンスタンドを継ぐ。そして弟は自分の好きなカメラの道で会社を興す。
母親の一周忌で再会した兄と弟は、随分と分かり合っているようにも見えました。はじめはね。
それがある日の出来事を機に自体は一変します。というか心の奥に隠れていたもの、いや隠されていたものが一気に表に噴出し始めるのでした。


「あの橋を渡るまでは兄弟でした・・・。」
ぱっとしない兄が、ルックスも良く才能豊かな弟に抱いていた感情。そして弟がそんな兄に抱いていた感情。間におかれた女性。ゆらゆらと揺れるつり橋のように不安定なものが兄弟

_ 龍眼日記 Longan Diary - 2006/09/04 19:59


テクテクテクとお家へ帰ろう・・・
ラストに流れる曲が心に染み入るなぁ。

兄弟って厄介で不思議な関係だ。
小さい時から一番身近にいる存在だから相手の全てをわかっていると思うのだ。
それがある瞬間ふと兄のまったく別の顔を垣間見る。
今まで知っていた自分の兄は本当はどんな人間なのだろうか・・・。

東京へ出て写真家として成功した弟猛(オダギリジョー)と実家に残って
家業を継いでいる実直で親孝行な兄稔(香川照之)。
猛は早い話他の人間を見くびっているのだ。
兄はああいう性格だから実家に残ってもそれなりにしあわせだと思っている。
幼馴染の智恵子(真木よう子)はちょっと...

_ 目の中のリンゴ - 2006/09/05 07:57

評判の映画を観てきました。

「ゆれる」 (2006年 日本)
英語のタイトルは「SWAY」だそうです。

主演のオダリギジョーが、珍しく(?)雄弁に宣伝し、
”家族””愛”について語っていたこの映画。
見終わった今、やっぱりあのオダギリ氏は 
テレビのこちら側の私たちを欺こうとしていたのかも、
なんて思ってしまった。

信じること、信じられること。
裏切ること、裏切られること。
奪うこと、奪われること。
許すこと、許されること。
弟であること、兄であること。
(パンフレット冒頭より)

逃れられない肉親の絆の中に流れる愛憎が
生々しい台詞と真に迫った表情で描かれる、
見ごたえある映画でした。

田舎を飛び出して、東京でカメラマンとして
活躍する弟(オダギリジョー)と
町に残って家業を手伝う兄(香川照之)。
そこで働く幼馴染の智恵子(真木よう子)。
母の一周忌で田舎に帰った弟は、久しぶりに
兄と智恵子の3人で風光明媚な渓谷に出かける。
そこで 智恵子が朽ちた吊橋から転落してしまう。
橋の上には兄がひとり・・・。

その智恵子の死をめぐり、兄が被告として裁かれる法廷劇が
繰り広げられる。
その過程で、兄弟はお互いの間の激しい確執に
向き合うことになる。

実直で真面目で、誰にでも好かれるイイ人の兄の
心の奥に隠された弟への思い、ままならない人生を
弟に向かって吐き出した時の痛さはリアル。
どういう言葉を投げつければ、相手を傷つけることができるか、
強いダメージを与えることが出来るかを知っていて
毒を吐き出したという感じでした。

対する弟も、兄に対するひけ目、愛情から
兄を救おうとするけれど、実は兄の言うように、
自分可愛さからのことだったのかもしれない・・・

いろいろな思いが交錯し、ゆれています。
あの兄の笑顔の後、どうなったのか。
少なくとも、弟はかつての、愛した兄を
取り戻したのだと思います。
グダ泣き顔の”にぃちゃーん”の呼び声が
まるで幼い少年のようでした。

オダジョー、いつもながら、彼にしかできない役を
本当にうまく演じきる人だなぁと思います。
またベッドシーンが生々しくてイロっぽいんだ。

そして香川照之さんも、ほんとうに上手い。
ちょっとした表情、笑顔、台詞の調子。
まさに兄ちゃんそのもの・・・。

2人の演技のぶつかり合いは瞬きできないほどでした

_ 京の昼寝〜♪ - 2006/11/14 12:56

あの橋を渡るまで、兄弟でした。
 
 
■監督・原案・脚本 西川美和■キャスト オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、 木村祐一、田口トモロヲ、ピエール瀧 □オフィシャルサイト  『ゆれる』 母親の一周忌で久々に故郷へ帰るところから物語は始まる。 写真家として活躍する猛(オダギリジョー)の兄で温厚で実直な稔(香川照之)が、猛とも幼馴染の智恵子(真木よう子)をつり橋から突き落とした容疑で逮捕された。 やがて裁判が始まり、これが事故死なのか、殺人なのか。 裁判が始まったが、そこで稔の意外な一面を垣間見た猛は、法廷で思いもよらないことを証言するのだった。 おススメ度 ⇒★★★ (5★満点、☆は0.5)  cyazの満足度⇒★★★☆ 前から興味があったのですが、109シネマズ川崎で2週間限定上映があるので観て来ました。 同じ男の兄弟をテーマに据えた作品としては先に観た『手紙』も同様のものだった。 多少、対峙させて観た作品にはなるが、根底に流れるものは全く違っていたような気がする。 どこにでもいる普通の兄弟、しかし兄の殺人を弟は果たして見たのだろうか?吊り橋の上での争いの顛末を全て記憶の中に留めることができたのだろうか? そこには少なからず先入観が存在したはずだ。 それはそこで橋の上で震える兄を優しく抱き寄せる優しい弟に見えるが、その実は兄のしたことを否定できない弟がいる。 それは彼自身にも有益な結果だったのかもしれない。 しかし、裁かれる法廷での身の置き所と心中が、法廷で裁判が進むに連れて微妙に猛の心が揺れ動く。 そして、面会する兄は、今までの猛の知らない兄を見るのであった。 オダギリジョーのいい加減でありながら、根底に優しさを持つ弟と、田舎で親の面倒を見つつ、いい長男を装うっていた心荒れている兄。  兄の“殺人”か否かというなかで、共に兄と弟は本性を見せてくる。 伏線は幾つも敷かれていた。 しかし、あの智恵子がすべって落ちたか兄に落とされたか、そこに大きな結論に導く大きな伏線が引かれていた。 兄を抱き抱えつつ、シャツの袖を下ろしている弟。 そこに少し映る兄の蚯蚓腫れした腕を。 裁判を機に、二人の兄弟、そして弁護する叔父は自分たちの父の弟。 まるで同じように兄弟仲の悪い二人。 並行して描かれる兄弟の争いには、外から見る

_ ミーガと映画と… -Have a good movie- - 2008/01/15 16:34

元旦の昼は<バーミヤン>
で食事した後にすぐ隣にあるレンタル店へ
今年一本目の映画に何を観ようかと悩んだ結果…





ゆれる




まぁ、暗めで正月っぽくはないんだけど、昨年末に発表された
“オダギリジョー”結婚記念って事で彼が主演のこの作品

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2009/08/03 22:33

それは女性監督ならではの細やかさで成功しているように思えた、西川美和の最新作「ディア・ドクター」
これがかなり自分的に刺さったので、前作で評価の高い「ゆれる」を鑑賞。


前作で感じた、
<日本映画でついぞ感じたことのない、味わい深い感動とともに、映画が終了。
<「本物」「うそ」の意味の間をぐるぐるまわっている自分がいた。

この作品もこの感覚に満ちていた。
「真実」「うそ」、そして今回はさらに「記憶」というやっかいな人間の性(サガ)

「記憶」とは困ったことに、本人の思考がかけるバイアスで一気にクリアになったり曇ったりする。
これが「兄弟」「恋愛」というわかりやすい軸が重なる中でじわじわ語られる。

そしてこのわかりやすさゆえに、鑑賞者を重く苦しませる。
絶妙に配された俳優による登場人物によって強弱つけられながら......
そしてこちらまで「ゆれる」(笑)

こんな微妙なことが表現できるとは、驚きの脚本そして演出。
う〜ん、マイッタ。
続いて次はデビュー作の「蛇イチゴ」かな....

_ Addict allcinema おすすめ映画レビュー - 2009/09/17 23:44

あの橋を渡るまでは、兄弟でした。