ゆれる2006/09/03 14:34

ゆれる
公開されてから見に行きたいと思いつつ、やっと見に行けた「ゆれる」

なかなか感じた事を言葉にするのが難しい。稔と猛の2人(この映画では兄弟)の心の動きが様々な角度から観れて、その対比が心の溝(信頼・愛憎・家族とかに対する)をより一層引き立ててる。そして最後のシーンが僕は好きだ。

人を信じるという事は、本当に信じることができるまでは、ものすご~く大変だと思う。

信じること、信じられること。
裏切ること、裏切られること。
奪うこと、奪われること。
許すこと、許されること。
弟であること、兄であること。

つまりは人であること。不完全だからこそ、この信じ、裏切り、憎しみ、解り合い...といういつも、もやもやとある感情の連鎖。これが僕は生きているということだと思う。

そしてそれを乗り越えられたら「許す」という所に辿り着けるのかも。そうすると信じるとかそういうものではなく、そこにあるがままの穏やかに生きることができるのだろう。

そんな中で、知恵子は掴みどころのない稔と猛の間のもやもやした感情(蟠りかな?)を具現化した存在のように感じられた。二人の感情が合わさり、それが一人の新しい人間として言葉を伝えてくれてる感じ。

あと、一つ一つの台詞がジャブのように効いてくる、キム兄の検察官は面白かった。最初は、検事なのか弁護士なのか分からなくなるようでもあった。事件の真実を追うのって「氷壁」を思い出しました。


ストーリー(公式HPより)
東京で写真家として成功した猛は母の一周忌で久しぶりに帰郷し、実家に残り父親と暮らしている兄の稔、幼なじみの智恵子との3人で近くの渓谷に足をのばすことにする。
懐かしい場所にはしゃぐ稔。
稔のいない所で、猛と一緒に東京へ行くと言い出す智恵子。
だが渓谷にかかった吊り橋から流れの激しい渓流へ、智恵子が落下してしまう。その時そばにいたのは、稔ひとりだった。

事故だったのか、事件なのか。
裁判が始められるが、次第にこれまでとは違う一面を見せるようになる兄を前にして猛の心はゆれていく。
やがて猛が選択した行為は、誰もが思いもよらないことだった──。


原案・脚本・監督:西川 美和
出演:オダギリジョー、香川 照之、伊武 雅刀、真木 よう子

韓の台所2006/09/05 23:12

韓の台所
焼肉居酒屋 韓の台所 渋谷 道玄坂店

すごくおしゃれな焼肉屋さんでした。カウンター席が10席ほど、あとはテーブル席。カップルと女性客が多かった。

ミスジ(肩部分の中程の赤身肉)を頼んだ。これがいい刺しが入ってて、結構分厚く切られてくる。これを表面が色づく程度に炙り、わさび醤油で頂く。思ったよりも脂が多く、こってり系だったけど、とろける甘さが感激だった。

それから、ハラミ(横隔膜)刺しを食べた。僕は最近は肉の味がして、ほどよい脂身のあるハラミが好きなんだけど、刺身は初めて。肉!という味がした。馬刺しから、あの独特の臭みをとった感じで、これも口の中で溶ける。

ホルモンも品揃えが豊富で焼肉を堪能できるお店です。盛り合わせの中にすごく美味しいのがあったんだけど、何だったんだろう??気になる...

あ、それから黒豆まっこりをのんで、香りと喉越しがよかった。

マッコリバーなんてのもあるんだね。今度行って見ようかな。

生きものの記録2006/09/06 22:55

「生きる」に続き、黒澤明監督作品の「生きものの記録」を観た。

大好きな映画になった。

三船敏郎演じる主人公の老人が、水爆というものの恐怖から逃れるためにブラジルへの移住を試み、家族の反対を受け...
というストーリー。

セリフの一つ一つや、各シーンに奥の深さを感じる。やっぱり最後のシーンがいろいろな事を想像させてくれて好きだ。(ゴッドファーザーの最後みたい。)

僕は『水爆』とは生きていく上で、人が感じる得体の知れない不安(「死」と言ってもいいのかな?)を表しているものと感じた。

普通?の人は、そんな事あるわけないとか、仕方ないと諦めてしまう。けど、この老人は諦めない。『水爆』を恐れていない。だから逃げるのだと。だが、その逃げ道を絶たれた時、老人は恐怖し、何も出来なくなる。

どちらが正常と言えるのか訴えかけられる。

生きる事に執着したその生き方の方が人間らしいのかもしれない。それに老人はただ家族をみんなを守りたいと思う気持ちがある。家族や周りの人間は自分の事しか考えない。これが普通の人だろう。けど果たしてこれが正常なのか?

人が、生きものが生きるという事、それは命への執着であり、生きるのいう行為そのものが生きものの記録なんだろう。1955年の作品なんだけど、いつの時代にも共通する哲学が盛り込まれている実に感動する作品だった。

監督:黒澤 明
脚本:橋本 忍、小国 英雄、黒澤 明
音楽:早坂 文雄
出演:三船 敏郎、志村 喬、千秋 実、左 卜全、東野 英治郎
   
 

   

LOFT ロフト2006/09/09 23:09

LOFT ロフト
テアトル新宿で、LOFTを観てきた。

む、難しい映画だった。単純に映画を観る側としていくと恐らく内容を理解できず、よくわからない映画だったという評価なると思う。僕もそうだし。

ホラー映画というジャンルで紹介されているようだけど、ホラーというより、観客を音響で驚かせるという感じ。あと、セリフかな。自然じゃない感じでした。それに行動が唐突過ぎる感。最後のシーンはコメディタッチな表現のような気もして...

傍観するとこう見るしかないかなというのが僕の意見。混乱する。これが敢えて監督が意識して挑戦的な映画を作ったと考えると、斬新さはあるのかもしれない。

映像の取り方なのか、編集なのか、その映像は独特な感じがあった。監督も言ってたけど、いろんな要素を取り込みすぎた感は否めない。まぁ、映画というものの変革を目指すには必要な試みなのかもしれない。

最近は、見せられる映画が多く、人気もある。これを考える、観客と作り上げるという本当の意味のエンターテイメントに変えようとしているのかもしれない。

その主軸に置かれたというラブストーリー。

僕が見終わったあと、考えた事。永遠の愛というものはやはり死によってしか手に入れられないのかもしれないという儚さとそこに不純にも感じてしまう美しさ。
運命というものが見えるのはいつも唐突。

こう考えてみるとこういう映像化もありなのかなと思う。予めこういう作品だという事を意識してみるとまた違ったものが見えてくるのかもしれない。

ストーリー(公式HPより)
春名礼子(中谷美紀)は、将来を嘱望されている女性作家。
現在は恋愛小説に取り組んでいるが、思うように進まず、体調にも異変をきたしはじめていた。
心配した担当編集者・木島(西島秀俊)の勧めもあり、彼女は郊外の一軒家に引っ越すことを決意する。
その家は、風通しは良いが少し古びており、前の住人の荷物がそのまま置き去りにされた状態であった。
家の向かいには廃屋と思われる建物がある以外は、緑に囲まれた静かな環境に身をおいた礼子だったが、ある夜、一人の男がシートに包んだ得体の知れない物体をその建物に運び込むのを目撃する。

男は吉岡誠(豊川悦司)という名の大学教授で、建物が相模大学の研修所であることをしった礼子は、大学の資料を探す中で「考古学グループが1000年前のミイラを沼から引き上げた」という記事を見つける。
更なる情報を求めて、彼女は友人の野々村(鈴木砂羽)と共に、教育映画会社の村上(加藤晴彦)のもとを訪ねる。
実は彼の会社には「ミドリ沼のミイラ」と記された記録映画が存在していたのだった。
戦前に撮影されたという映像に、うっすらと映り込んでいるミイラらしき物体。
しだいに礼子は、その残像に取り憑かれるようになっていく…。
ついに彼女は研修所に忍び込み、シートに包まれた物体の正体を見てしまう。
それは、長い髪をもつ女のミイラだったのだ。

研究を続けていた吉岡もまた、ミイラの存在に苦しみはじめていた。
大学からはミイラを展示するため、
保存処置を急げと促がされるが「何か嫌な感じが残る」と、その指示に従えずにいた。
彼は大学には無断で、本来の保管場所ではない研修所へとミイラを運びこんでしまっていたのだ。
そんな折、大学の研究生たちが研修所に集められることが決まる。
ミイラの存在を隠さなければならない吉岡は、礼子のもとを訪れ「2、3日ミイラを預かってくれ」と頼み込む。
申し出を了承した礼子であったが、ミイラの呪いにでもかかったかのように激しい悪夢にうなされ始める。

小説がまったく書けなくなってしまった礼子。
だが、木島に締め切りを迫られ、ふと前の住人が置き忘れていった原稿を手にし、それを書き写してしまう。
完成した小説は出版されることが決まったが、彼女は新たな存在の気配に脅かされるようになる。
夢なのか、現実なのか?虚ろな礼子は、何かに導かれるように沼に辿り着き、そこで意識を失ってしまう。

吉岡に助けられた礼子は、彼に惹かれていく自分に気づく。吉岡もまた礼子と同じだった。
そして、礼子は吉岡から改めて、女のミイラの正体を教えられる。
1000年前にミイラとなったのは、当時20歳前後の女性で、
永遠の美を手に入れるために、自ら泥を飲んだ可能性がある、と。
「不幸はもうたくさんだ」と叫ぶ、吉岡の言葉の真意を、この時礼子はまだ理解できなかった。

礼子が家に戻ると、そこには木島の姿があった。何故自分の部屋に木島がいるのか…、不信感を抱く礼子。
そして木島から、以前の住人が亜矢(安達祐実)という小説家志望の女子大生であったことを聞かされる。
しだいに明らかになっていく恐怖の断片。しかしすべては、想像を超えた恐るべき事件の序章にすぎなかった…。


監督・脚本:黒澤 清
出演:中谷 美紀豊川 悦司、西島 秀俊、安達 祐実
イメージソング:名取 香り
配給:ファントム・フィルム

あおげば尊し2006/09/10 21:19

あおげば尊し
やっとあおげば尊しをレンタルしてきて見た。

原作を読んでしばらくたってから見たんだけど、原作を思い出すことができた。テリー伊藤が主人公としてどうなんだろうと思ったけど、意外にもしっくりきていた。外側を埋める脇役もいい感じにしっくりきてて、ドラマチックではないんだけど、心に届くもののある映画に仕上がっていたと思う。

これが日本映画なんだろうね。たんたんとした生活の中に見える(生きる)人 を写すというのでは、「東京物語」なんかもかぶるイメージがあった。

ちょっと映画の本質とは離れてしまうけど教育について。学校のシーンの中で生徒を「未完成な人間」といい、だから一方的であっても押し付けて教えるべき事があるという部分がある。

僕はこの傲慢な考え方が嫌いだ。だって人間なんて全て未完成なのに。僕はモラルは守るべきだと思う。これって生きていく上で人に尊厳をもって対等に対峙する事が大事だと思うから。

「死体」を見てはいけない理由が説明できないように、説明できない事もたくさんある。一般常識とみなされそれに従うことしかできなくなってきる大人は子供の純粋な疑問に真剣に答えるべきなんじゃないかと思う。答えないのは、自分でも分からないからで、その答えを見つけるための努力を捨ててしまっているからではないだろうか?

正解を求めすぎる風潮が教育を変えられない原因じゃないかな。「法」があるから「犯罪」が起こる。その「法」だって誰かの都合のいいように作られた正解でないものなのかもしれないのに、それを正解と思い込んでしまう。そうするように仕組まれた社会。これを変えていかなければと思う。。。と映画の話からかなりそれてしまった。

映画の話に戻って、僕が映像的に面白かったシーンが、おばあっちゃんが駅の改札に向かって歩いてくるシーン。映画を見るものにとっては、出口と書いてあり、一瞬出口に向かっているかのような錯覚に陥るんだけど、おばあちゃんは入口に向かってるんだよね。

改札って一つで2役。入口と出口の役をしている。こんな当たり前の事、意識してみると面白い。

どこから見るかで同じ物でもそれは変わるんだよね。生きる側から「生」を考えることと、死にゆく側から「生」を考えること。きっと同じものを見ているのに答えは変わってくる気がする。

今の僕は、「死」を意識する(ただし実感はしない)と、人はなぜ生まれ、何のために生きていくのだろうと考えてしまう。「死」を執着点のように考えている。果たして「死」を受け入れた時に自分は何を思い、何を成すのか今はまだ想像もできない。

ひょっとしたら、生きる意味なんてどうでもいいものなのかもしれない。生きているんだから。

監督・脚本:市川 準
出演:テリー 伊藤、薬師丸 ひろ子、加藤 武、麻生 美代子
原作:重松 清 「あおげば尊し」(新潮社刊「卒業」より)

クリスト&ジャンヌ=クロード2006/09/18 15:16

The Pont Neuf Wrapped, Paris, 1975-85
BIG TIME ENTERTAINMENTから販売されている「クリスト&ジャンヌ=クロード DVD-BOX(3枚組)」のDisc2を借りてきた。

「アイランズ」(Islands、1986年、57分)
マイアミのビスケー湾に浮かぶ11の島々の周辺を、トータル2,000平方キロメートルのピンクの布で囲んだプロジェクト。
「パリのクリスト」(Christo in Paris、1990年、58分)
パリで一番古い橋ポン・ヌフを梱包するプロジェクト。
*アムステルダム・フィルム・フェスティヴァル大賞受賞
*サンダンス・フィルム・フェスティヴァル最優秀撮影賞受賞
の2つのプロジェクトが紹介されている。

「アート」とは何か?って教えてくれるような映像作品だ。

どちらの作品も、長~い年月、人々の説得を続け、お金をかけて実現させたプロジェクト。その過程が描かれている、ドキュメンタリー映像。

「完成された」芸術作品というものは、特定の人のもとにあり、美術館でほんの一瞬公開される。これはアートと呼べるのだろうか?

Christoは、作品を作り上げていく過程、これも自分の作品の一部という。 創造される過程を見せ、そこに観客の様々な感情を抱かせ、非日常の感覚を持たせること、それこそがアートと考えているのではないか?その表現手段として、『包む』という手法を見つけたのだろう。

どちらの作品も賛否両論。でも僕はそれは結果だと思う。世の中のあらゆる事に関して僕は正解はないと思うし、賛成・反対はそれぞれの人の中にある価値観でしか判断できない。だから、絶対的な正解の基準は設けようが無い。これでいいんだと思う。これが正解な気がする。

そういう意味で、彼らの試みは、例えばポンヌフ、これを包むことで、パリ市民を動かしたのだ。

多分、誰もがそこにある物として当然のように思い、それ故にそこにあるにも関わらず、意識の中から消えてしまっていたような橋。これを包み、見えなくすることによって、はっきりと橋の存在を意識させる事ができたのではないだろうか?

消すことによってより明確に再認識をする。

現在美術の表現手法なのだろう。彼の作品は、短期間で展示が終わる。そしてそこはまた何もなかったかのように元通りの現実に戻る。

絵画・彫刻・建築物...形として残る芸術作品。これを心に残る作品に仕上げたいのだろう。それには、刹那的なものでなければならない気がする。刹那という贅沢な時間の使い方。人の一生もそうだろう。思い出というものは美化される傾向があると思う。その人の思考を利用して、より一層美くしさは心に残り、その人の心を豊かにしてくれるのではないだろうか?

何故かこの映像を見終わった時に涙がこぼれて来てた...

クリスト&ジャンヌ=クロードの作品は彼らのホームページで公開されているので是非見てください。現在は、「Over The River」というアーカンサス川を包むプロジェクトが進行中。2010年の夏に14日間だけ展示が行われる予定です。