トワイライト2006/02/06 00:59

「トワイライト」 重松清

26年ぶりに再会した同級生。小学校のときに埋めたタイムカプセルに込めた希望は今?

先生からの手紙には「あなたたちはいま、幸せですか?」の問いかけ。

すごく切ない。けど、それは不幸というわけじゃなくって、でも、幸せ!って胸を張れるものでもない。でも、すごくリアルな現実を描いていて、胸に突き刺さるものがある。

「夜空ノムコウ」の歌詞を思い出した。

あの頃の未来に 僕らは立っているのかなぁ
すべてが思うほど うまくはいかないみたいだ

僕は、同窓会とか苦手だ。幼いころから、転校を繰り返してきたせいか、今でも心から打ち解けることのできる友達は...いないかも。いつも心のバリアをはってしまう。

それに、いや、だから、いざ幼馴染と会っても、何を話していいか分からなくなる。寂しいな。。。

自分の感情を素直に表現することもなかなかできない。いつも、取り繕ってしまう。人に嫌われることを恐れる。だから、いつも笑ってごまかしてる。

いつの間にか、僕はそういう生き方を選んでしまってたのかな。後悔はしてない(と思うようにしてるのかな?)。でも、自分に素直に生きれたらいいな~って思ってるんだろうね。じゃないと、こんな事思わないだろうし、書かないだろうし。

僕は取り繕って、仲間の中にいても、やっぱり孤独なんだろうね。一人でいることに慣れてしまったんだろうけど、寂しいから、人のそばにいたいと思う。

それでも、傷つく事が怖いから、結局本気で人と付き合うことが今でもできないのかな。

なんか、あんまり本とは関係なくなってきちゃった。僕の小さい頃の夢は、何だったんだろう?僕は幸せと胸を張って言えるかな?

   
 

   

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://schicksal.asablo.jp/blog/2006/02/06/242011/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 玉葱の本棚 - 2006/07/18 22:40

トワイライト重松 清著 amazonでレビューをみる オンライン書店BK1でレビューをみる 小学校の卒業記念に埋めたタイムカプセルを開封するために、26年ぶりに母校で再会した同級生たち。夢と希望に満ちていたあのころ、未来が未来として輝いていたあの時代――..