ミッドナイトイーグル2007/11/25 17:17

ミッドナイトイーグル
MIDNIGHT EAGLE

西崎優二(大沢たかお)は、国際的に有名な戦場カメラマンだったが、3年前から戦場を撮ることを止め、山にこもり空の写真を撮り続けている。その間、妻を病気で失う。その妻の妹、有沢慶子(竹内結子)は、週刊「WISE」の記者。東京で、優二の息子(佐原弘起)を引き取り、2人で暮らしている。

お話は、冬山で写真を取っていた。そこに轟音とともに空を駆ける赤い光を見つけ、西崎はシャッターを切る。この写真に写った赤い光の謎を知るため、元大学の山岳部の後輩・落合に押され、その現場に向かう。そこには自衛隊と謎の武装集団が!冬の雪山の極限状態で知らされる絶望的な事実。日本滅亡までの時間は48時間。日本を救う方法はあるのか?(といったところかな?)

原作も知らず、どんな映画かすらも知らず(無の状態)で見に行ったんだけど、これが意外にも良かった。日本が最後には救われるとは分かっていても、ベタベタなお話(日本沈没と同じような終わり方なんだけど)のようであっても、やっぱりこう正義に命をかける姿って、心打つんだよね。少なくとも僕は、そういうのに弱く、涙腺が緩む。

あと、もう一つ好きだったのは、優二と慶子の関係かな。
恋も愛も自分のなかで生まれる想い。その生まれた想いが、お互いに伝わりあうことことで、成立する繋がり。←これって一般的にはなんて表現するんだろう?恋愛かな?
あんまり映画の中では描かれてなかったんだけど、慶子の「許さない」「絶対許さない」ってセリフで僕は二人のこの繋がりみたいなものを感じました。
お互いの想いは繋がってるのに、お互いに上手く伝えられないこともきっとあるんですよね。それが成立するかどうかはまた別問題なんですよね。

この映画のテーマとしては、(家族)愛。

「みんな」とか、「より多くの人」とかその曖昧な相手になにかをしたり、伝えたりするのって良くあるけど、僕はやっぱり、「誰か(特定の個人)」に向けられた想いの強さを超えることは難しいと思う。
反面自己中心的になりすぎると、危険な場合もあるけど。でもね、例えば、自分の子供を守りたいと想う気持ちがあると、その気持ちは他の誰もが共有する気持ちだって分かる気がする。だから、まずは、そこから始めてもいいんじゃないかな。

この世界観に入り込んで見れると、楽しめる映画だと思います。

監督:成島 出
原作:高嶋 哲夫
脚本:長谷川 康夫 、飯田 健三郎
出演:大沢 たかお竹内 結子玉木 宏ほか
音楽:小林 武史
主題歌:Bank Band 「はるまついぶき」