河童のクゥと夏休み2007/07/28 23:21

河童のクゥと夏休み
河童のクゥと夏休みをシネリーブル池袋で見てきた。

クゥ(冨澤風斗)は江戸時代からよみがえった、河童の子供。
上原康一(横川貴大)は東京都東久留米市に住む小学生。父・保雄(田中直樹/ココリコ)、母・友佳里(西田尚美)、妹・(松本環季)の4人家族。
オッサンは、康一が拾った!?上原家の飼い犬。

ストーリー。康一が学校の帰り道に河原で不思議な石を見つけ、何百年も中に閉じ込められていたクゥが復活する。クゥの存在を秘密ししたまま、康一家族とクゥの楽しい生活が始まる。しかし、クゥの噂は広まりついにマスコミにばれてしまう!そこで、家族がとる決断は、そしてクゥの決断は?

久しぶりにアニメーションを見た。子供が多いかなと思ったんだけど、映画館は8割は大人。
アニメにしては、単純明快って訳ではないかもしれない。(表面的なストーリーとそこで訴えたいものの深さを鑑賞側で埋められる。僕の好きな感じの映画。)河童という超フィクション!?(ともいえないか)な存在を中心に据えながらも、人間の日常をリアルに描いている作品だと思う。

オッサンの存在がいい。

映画のパンフレットに監督が書いているんだけど、「世の中みんな敵でも、自分を理解してくれる人が身近にひとりでもいればいいじゃないか。」って。

人はつい、得たいの知れない「みんな」ってものを意識してしまう。「みんな」って存在は実体としてはないのにね。なぜか、そこに受け入れて欲しいという欲求で、つい本当に自分の信念を曲げてしまったり。

本当の優しさって、そういう時に問われる気がする。誰にだって、あなたのことを信じてくれる人はいるものです。日常に溺れるとつい見えなくなる。けど、あなたが本当に辛いとき、その人は普段と変わらず接してくれるはずです。恥ずかしながら、そんな時でないと気付けなかったりするものなんです。

そんな大切な人に気付くこと、そして感謝すること忘れずに生きていかなきゃなって改めて思うことのできた映画でした。

監督・脚本:原 恵一
原作:小暮 正夫 「河童のクゥと夏休み」
声の出演:冨沢 風斗、横川 貴大、植松 夏希、田中 直樹(ココリコ)、西田 尚美、なぎら 健壱、ゴリ(ガレッジセール)ほか

コメント

_ えい ― 2007/07/29 11:41

こんにちは。

はじめましてでしょうか?
TBありがとうございました。
この映画、この夏のボクのベストです。
「世の中みんな敵でも、自分を理解してくれる人が身近にひとりでもいればいいじゃないか。」
この言葉大好きです。
監督が言っていたことは初めて知りましたが、
嬉しいです。

_ raccoon ― 2007/07/29 20:41

えいさん、"はじめまして"ですね。
いつもTBさせていただいております。ありがとうございます。
この言葉は、パンフレットに書かれてて、監督のこの映画に対する想いが綴られてます。ほんといい言葉ですよね。
こんごともよろしくお願いします。

_ 京都に住む男子大学生 ― 2007/08/06 22:08

はじめまして
先週見ました。とても感動しました。
残念なのが客入りが悪いことです。今の所はあまりヒットしていません。しかし、ヒットして欲しいです。後日人気が出る可能性は高いでしょうという人もいますのでそれにかけたいです。「時をかける少女」は宣伝もほとんどしていなくて、上映映画館も少なくテレビのバックアップもなしにクチコミだけでヒットしロングランになり、日本アカデミー賞を取りました。河童のクゥもそうなって欲しいです。管理人さんはどう思いますか?クチコミで後日人気は出ると思いますか?それとも忘れ去られてしまうのでしょうか?僕は、この映画は忘れ去られてほしくありません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://schicksal.asablo.jp/blog/2007/07/28/1686478/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ ラムの大通り - 2007/07/29 11:42



----あれっ、これ携帯の写真だよね。
映画のシーンとは違う。どういうこと?
「うん。この前観た『河童のクゥと夏休み』が
あまりにも素晴らしくて
ちょっとロケ探訪してきたってわけ。
ここはこの映画の
重要な舞台となる黒目川」
----へぇ〜っ。でも確かそれってアニメだよね?
「そう。
あの大傑作
『クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』の監督、
原恵一初の“マンガ原作ではない”アニメ。
この映画は
東久留米在住の児童文学作家・木暮正夫の原作が基になっているんだ」
----ふうん。と言うことは、
この黒目川と言うのは東久留米にあるんだ。
「そういうこと。
この映画化のため
原作者に会いに行った原恵一監督は
街の中を2本の河が流れるこの東久留米の街並みを
とても気に入ったんだね。
ロケハンにロケハンを重ね、
東久留米駅や黒目川周辺はそっくり再現。
映画の中で使われる効果音も、
実際に東久留米の街音を使ったらしい」
----ニャるほど。
で、お話の方はどういうものニャの?
河童が出てくると言うことはファンタジー?
「簡単にプロットを話すとこうなる。
夏休み前のある日、
小学校の帰り道に上原康一は大きな石を拾った。
化石のようにも見えたその石を
水で洗うと中から出てきたのはなんと河童の子供…。
その第一声が『クゥ〜!』だったことから、
康一はこの河童をクゥと名付ける。
何百年もの間、
地中に閉じ込められていたクゥ。
しかし時は移り、
この時代には彼を苦しめたお侍もいなければ、
住んでいた沼もない。
見かねた康一はクゥを河童伝説の残る遠野へ連れて行くが…」
----ニャるほどね。でもそこにも河童はいなかった!
「そういうこと。
まあ、お話はここまでにしておこうかな。
実を言うとこの映画は、あまり喋りたくないんだ。
観た人とだけ、
お互いにその感動を分かち合いたい部類の作品」
----でも、それだけじゃ
観る気がいま一つ起きないニャあ。
どういうところがいいのか少し話してくれなきゃ…。
「そうだね。じゃあ少しだけ。
まず、クゥたちが住んでいた沼がなくなった理由。
それは江戸時代に私利私欲に走るお侍が干拓してしまったから…。
これって現代にもありそうな話だよね。
さて、クゥが息を吹き返した遠因となるのは
現代の小学校ではもはや普通となっているイジメが元で起こ

_ APRIL FOOLS - 2007/07/29 22:19

夏休み東西アニメ決戦の大穴!? 『河童のクゥと夏休み』7月28日公開。上原康一は夏休み前のある日、河原で化石のような石を拾う。なんとそこには河童の子が! 康一はクゥと名付け、上原家での河童同居生活がはじまった。共に理解を深める中の、河童の仲間を探す旅、マスコミの殺到。果たしてクゥは現代で生きて行けるのか。
河童のクゥと夏休み

このビジュアルに騙されないで欲しいの! 胸にジーンとくる良作だから!! ってもう死ぬほどベタな設定なのに、なんでこんなに温かいんだろうね。異形の物と心通わせてやがて離れるっつー黄金律の中に、現代の家族、社会がリアルに描かれ、観てる人にいろんなことを気付かせて...

_ 八ちゃんの日常空間 - 2007/07/30 03:26

きっちり作ってきましたね〜。日本のアニメは世界に誇れるといいますが、この作品、技術的なことだけではなく内容もいいです。数年に一度の作品ではないでしょうか。

_ 水曜日のシネマ日記 - 2007/07/30 10:51

突然、現代に現われた河童と、それを取り巻く周囲の人間たちの物語です。

_ 映画コンサルタント日記 - 2007/07/31 22:52

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「同 嵐を呼ぶアッパレ

_ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! - 2007/08/02 23:19

人気ブログランキングの順位は?


何百年もの時を超え
康一の家にてやってきた
ちいさな訪問者

名前はクゥ


人間の世界に迷い込んだ、河童のクゥと
少年・康一が贈る感動の物語


人間の友達ができちまった。





_ soramove - 2007/08/06 00:14

「河童のクーと夏休み」★★★★オススメ
原恵一 監督、脚本



まだ名古屋駅の前にミッドランドスクエアもなく、
松竹座というせりだした二階席を持つ
試写会以外満席になったのを
見たことが無い映画館があった。

アニメの優先順位が低いので
自分がクレ...

_ Akira's VOICE - 2007/08/08 11:55

笑顔と涙いっぱい。

_ Prism Viewpoints - 2007/08/09 14:49

監督自身への愛情は感じるものの、子供や社会への愛情は感じられない。
監督の浅い考えが露呈した、独りよがりな駄作映画。

『河童のクゥと夏休み』

『河童のクゥと夏休み』 ウィキペディア(Wikipedia)

監督・脚本:

_ アンディの日記 シネマ版 - 2007/08/13 22:24

感動度[:ハート:][:ハート:]          2007/07/28公開  (公式サイト)
笑い度[:ラッキー:]
泣き度[:悲しい:][:悲しい:]
切なさ[:失恋:][:失恋:]
満足度[:星:][:星:][:星:]

 
【監督】原恵一
【脚本】原恵一
【原作】木暮正夫
【時間】138分
【出演】
冨沢風斗/横川貴大/田中直樹/西田尚美/なぎら健壱/ゴリ/松元環季/
植松夏希


<ストーリー>

夏休み前のある日、康一は学校の帰り道で大きな石を見つける。石を持ち帰り水で洗うと、中からなんと河童の子供が!人間の言葉を話し、何百年も地中に閉じこめられていた河童を、康一は鳴き声から「クゥ」と命名。最初は驚いた両親や妹もクゥを受け入れ、家族だけの秘密にして一緒に暮らし始める。だがそんなある日、クゥが突然「仲間のところへ帰る」と言いだす。康一はクゥを連れ、河童伝説の残る岩手県・遠野へ向かうが…。
(goo映画より)

≪予告編≫ 
 人気ブログランキング参加中♪
[:ラブ:]ポチッとして頂けると嬉しいです[:ラブ:]
 →日本映画ランキング


    

_ 分太郎の映画日記 - 2007/08/16 11:58

 大ヒット作『クレヨンしんちゃん』のテレビ版はまったく見ていないが、映画版はクオリティが高く、三作目当たりからだいたいは見てきた(ここ2、3年はちょっと落ちてきた印象はあるが)。 中でも2001年に公開された9作目『映画クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オ...

_ Badlands 映画・演劇・音楽レビュー - 2007/08/17 11:33

_ 京の昼寝〜♪ - 2007/08/23 12:34

□作品オフィシャルサイト 「河童のクゥと夏休み」□監督・脚本 原恵一 □原作 木暮正夫(「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」)□キャスト(声) 田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリ、冨沢風斗、横川貴大、植松夏希■鑑賞日 8月19日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> 人間が犯して来た環境破壊へのメッセージを、河童のクゥと、クゥを発見したある家族とのひと夏の触れ合いを通して描いていく作品だ。 客席はやはりファミリー層、特に母親と小さな子供たちが多かったのだが、河童は分らなくてもこのクゥというキャラに親近感をもてたことは、その子供たちの反応を見ていると分るし、クゥとこういちの別れのシーで涙していたことで判断できた。 民話の世界を理解できるかどうかもひとつの鍵だったが、子供たちにこのクゥのキャラが受け入れられていることで夏休み映画としては正解だったろう。 子供たちいうより、これは大人に観てもらいたい映画だと思う。 自然破壊・環境破壊、いじめ問題、マスコミの過剰な取材等々、現代抱えている全ての問題がやんわりちりばめられているところは流石にクレヨンしんちゃんシリーズの監督原恵一のなせる業だろう。 動物(生物)同士の言葉のないコミュニケーション。 クゥとオッサン。 ラストシーンに見せるクゥとこういちとのやり取りには、言葉というツールを持ちながら、家族ですらコミュニケーションを取れない人間たちへの警鐘を鳴らしているかのようなシーンだった。 僕的に、一番この映画を締めていたのは、クゥでもこういちでもなく、こういちの母である由佳里だろう。 ある意味、堂々としてシャレが効き、たくましいい母親像はこの映画の見えない重心となり、この映画のストーリーテラー的要素もあり、存在感もあった。 予告編が流れる以前からFM等で流れていた大山百合香の主題歌「夏のしずく」もこの映画に合っていた。
 劇中のあのクゥのおやじさんの切られた腕だが、その昔、どこかの資料館(もちろん本物かどうかはわからないが)かどこかで河童の腕が陳列されているのをの見たような気がしてならないのだが・・・。 
 

_ 映画、言いたい放題! - 2007/08/31 12:26

アニメは好きだけれど、
テレビの宣伝で見るこの映画の絵に全く興味が沸かなかった。
しかし、
私の大好きな作品「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
」の監督、
原恵一氏の新作というならば話は別だ。
しかもこの映画は、
私が子供の頃に住んでいた

_ やまたくの音吐朗々Diary - 2007/09/13 07:52

公開中のアニメ映画「河童のクゥと夏休み」を観賞。

監督・脚本・製作:原恵一 原作:木暮正夫 音楽:若草恵 主題歌:大山百合香 美術:中村隆 声優:冨澤風斗、横川貴大、植松夏希、田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリほか 上映時間:138分 配給:2007日本/松

_ デコ親父はいつも減量中 - 2007/10/01 22:27



監督:原恵一
声の出演:冨沢風斗、横川貴大、田中直樹、西田尚美、松元環季、植松夏希、なぎら健壱、ゴリ

評価:80点

公式サイト

決してかわいいとはいえないクゥのビジュアル。その他の登場人物たちについても、ジブリの絵を見ているときのような感動は覚え....

_ シネマ通知表 - 2007/11/28 11:12

2007年製作の日本映画。
木暮正夫の同名児童文学を「クレヨンしんちゃん」劇場版シリーズを手がけた原恵一監督が映画化した感動ファミリー・アニメーション。不思議な力を秘めた河童のクゥと出会った少年のひと夏の冒険を、家族の絆や友情の大切さを織り込みつつさわやかに綴る。

<b>もう泣いた泣いた。これでもかっていうくらいに泣きました。</b>『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』での第6回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞など、数々の賞を受賞してきた...