サイドカーに犬2007/06/23 23:12

サイドカーに犬
シネスイッチ銀座で、サイドカーに犬を見てきた。

近藤誠古田新太)。怪しげな中古車販売会社の社長。争いごとを好まず、ただみんなが幸せに暮らせることを願っている。
近藤薫(松本花菜)。誠の娘。真面目で、他人のことを気遣ってばかりいる大人びた女の子。
ヨーコさん竹内結子)。薫が10才の夏休みの時に突然現れた謎の女性。グリーンの自転車を乗りこなし、豪快、大胆な女性。でも本当は...

不動産会社の営業をしている30才になった薫(ミムラ)が、忘れられない夏の思い出を回想する。薫の母・良子が出て行った数日後にヨーコさんがやってきて、母とはま逆のヨーコさんと触れ合い、新しい経験をする。

最近80年代のお話が多いきもするが、これも時代的には80年代のお話。すごくドラマチックな事がおこるわけでもなく、激しい感情の起伏があるわけでもなく、たんたんとひと夏が過ぎていく。

面白いなと思ったのは、なんでヨーコという女性はこんな生き方をするようになったのか。豪胆さとは裏腹な繊細さの共存。
表面上はまったく違うように見える薫とヨーコ。でも、僕は、その根底にある優しさは二人に共通してて、だから友達になれたんだろうなって思う。

「人は正直であろうとすると無口になる。」

自分に対して正直であること。それって本当に相手にとっては意味のあることだろうか?多分ないかもしれない...って思ってしまう。
それでも、正直な人間が素直にその想いを交わすことができれば、それはすごく素晴らしいと思う。それは、ほんの一言の言葉でも一生心に刻まれ、その人の人生に影響を与えるんじゃないかな。

あともうひとつすきな科白。

「嫌いなものを好きになるより、好きなものを嫌いになるほうが難しい」

監督:根岸 吉太郎
原作:長嶋 有(猛スピードで母は(文藝春秋))
脚本:田中 晶子、真辺 克彦
出演:竹内 結子古田 新太 、松本花菜ほか
音楽:YUI 「Understand」

コメント

_ カオリ ― 2007/06/26 23:42

こんばんは。ああ、「好きなものを嫌いになるのが難しい」って言葉、私も印象的でした。ヨーコさんの方が興味があるんですけど、この映画はそうじゃないんですよねー。

_ raccoon ― 2007/06/27 03:02

カオリさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。
改めて気付かされる言葉ですよね。好きから嫌いって気持ちへの転換、時間は何も助けてくれなかったりするのです。むしろ、好きの気持ちを増大させてくれたりするし。
そうですね、ヨーコさんは謎で終わってますね。みんなの中にそれぞれのヨーコさんを残したかったんですかね?
また遊びに来て下さいね。

_ りこ ― 2007/06/28 18:15

私もこの映画観てきたのですが、

「嫌いなものを好きになるより、好きなものを嫌いになるほうが難しい」

というセリフは共感できたし、わかる気がしました。
人の場合は、急にキライになっちゃったりもするけど、
お菓子なんかは永遠にキライになれないかも(笑)

_ raccoon ― 2007/07/06 01:32

りこさん、コメントありがとうございました。
お菓子は確かに、嫌いにはならないですね(笑)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://schicksal.asablo.jp/blog/2007/06/24/1601098/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ シネマと! - 2007/06/24 18:21

少女時代のひと夏の出来事を回想する物語。

母が家出したあと、突然やってきたヨーコさん。

神経質な母とは正反対の豪快なヨーコさんに
薫は最初は戸惑うけど、次第に惹かれていく。

「そんなことしたらお母さんに叱られる」
が口癖で、大人に気を使う薫は、
...

_ no movie no life - 2007/06/26 23:43

自分自身をもう一度反芻する、夏。

薫(松本花奈)が小学4年生の夏休みに入った日、母が家を出て行った。代わりに、ヨーコ(竹内結子)がやってきた。性格は大雑把、豪快に笑い、涙も流すヨーコに惹かれてゆく薫。1980年代グッズ満載の映画。

最近の邦画では、メッセージ性

_ エスティマ tcr - 2007/06/27 16:33

エスティマtcr。10年経っても色あせないそのtcr系エスティマの魅力など。

_ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 - 2007/07/05 22:04


{/hiyo_en2/}ここの高校は、自動車学科もあるんだって。
{/kaeru_en4/}じゃあ、ここを卒業すればサイドカーとかつくれるかな。俺のバイクにもサイドカーをつけたいんだけど。
{/hiyo_en2/}うーん、それはどうかな。
{/kaeru_en4/}でも、「サイドカーに犬」みたいな映画を観ると、誰だってサイドカー付きのバイクを運転してみたくなっちゃうよな。
{/hiyo_en2/}私は、バイクの運転じゃなくて、サイドカーのほうに乗ってみたくなっちゃったな。
{/kaeru_en4/}父親とその彼女がバイクに乗り、小学四年生の娘がサイドカーに乗って夜を疾走するシーンを思い出してるんだろ?ただ走っているだけなのに、なんともいえない幸福感がじわじわと押し寄せてきて、ああ、あんな気分の夏の夜もいつかあったなあと誰もが思い起こすような名シーンだった。
{/hiyo_en2/}別にサイドカーの思い出じゃなくても、花火大会に行ったとか、みんなで木に登ったとか、なにかいちばん幸福だった夏休みの時間を思い出させるような匂いがするのよね。
{/kaeru_en4/}そうそう。そのときの甘酸っぱい匂いを思い出させてくれるんだよ。
{/hiyo_en2/}母親が夜逃げした家にふらりとやってきた女性と小学四年生の少女を中心としたひと夏の物語なんだけど、映画を観終わったあとは、ひゅんと心に沁みる小説を読み終わったような気分だったわ。
{/kaeru_en4/}途中で海が出てくるからってわけじゃないけど、たとえば吉本ばななの「海のふた」を読んでるような感じだったな。
{/hiyo_en2/}ていうか、長嶋有の原作小説の映画化だから、小説っぽいのは当然かもしれないけど。
{/kaeru_en4/}いやいや、質のいい小説のような端正な映画をつくれる監督は、日本ではいまや根岸吉太郎しかいないかもしれない。
{/hiyo_en2/}「雪に願うこと」も、しんと心に沁みるいい映画だったもんね。
{/kaeru_en4/}「雪に願うこと」て、今年の1月1日に話題にしてるんだぜ、俺たち。
{/hiyo_en2/}それだけの価値があるってことね、根岸吉太郎監督には。
{/kaeru_en4/}ドラマチックなできごとが起きるわけじゃなくても、人間の感情に寄り添った丁寧な絵づくりをするから、映画がこ

_ アンディの日記 シネマ版 - 2007/07/08 15:23

感動度[:ハート:][:ハート:]         2007/06/23公開  (公式サイト)
切なさ[:悲しい:]
爽快感[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:]
満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]

 
【監督】根岸吉太郎
【脚本】 田中晶子/真辺克彦
【原作】 長嶋有 『サイドカーに犬』 (『猛スピードで母は』所収)
【主題歌】YUI 『Understand』
【時間】94分
【出演】
竹内結子/古田新太/松本花奈/谷山毅/ミムラ/鈴木砂羽/トミーズ雅/山本浩司/寺田農/松永京子/川村陽介/中山弟吾朗/白鳥あかね/岡田幸樹/須貝菜々子/矢野吉彦/温水洋一/伊勢谷友介/樹木希林/椎名桔平


<ストーリー>

不動産会社に勤める薫は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で釣り糸をたらしながら、ふと、父が会社を辞め、母が家を出て行った数日後のことを思い出した。ヨーコさんという女性が家に来るようになった。たばこをスパスパ吸い、自転車を乗り回し、夕食には、「エサ」と言って麦チョコを食べさせる、破天荒な人だった。しかし、子供と対等に向き合って話をしてくれるヨーコさんを薫は好きになっていく…。(goo映画より)

≪予告編≫ 
 人気ブログランキング参加中♪
[:ラブ:]ポチッとして頂けると嬉しいです[:ラブ:]
 →日本映画ランキング


          

_ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) - 2007/07/09 00:20

竹内結子、2年ぶりのスクリーン登場!!ヨーコさんの登場と共に、刺激的な夏休みが始まる!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
評価:★6点(10点満点) 2007年 9....

_ 駒吉の日記 - 2007/07/14 12:43

サイドカーに犬(シネスイッチ銀座)

「ハードボイルドなオンナだなあ、カオルは」

なんだかものすごくノスタルジックな気分に浸ってしまいました。(ちょっと「おもひでぽろぽろ」を連想)自転車に乗るのに苦労したり、コーラは歯が溶けるとか、言われたり。ヤマっ気のある

_ 京の昼寝〜♪ - 2007/07/19 12:16

□作品オフィシャルサイト 『サイドカーに犬』□監督 根岸吉太郎 □原作 長嶋 有(「猛スピードで母は(サイドカーに犬)」文芸春秋刊) □脚本 田中晶子、真辺克彦 □キャスト 竹内結子、吉田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、温水洋一、伊勢谷友介、谷山毅
■鑑賞日 7月14日(土)■劇場 アミューズCQN(渋谷)■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> 子供の頃、こんなことってなかったろうか?親兄弟や身内じゃなくて、そして先生でもなく近所の人でもなく、何故か妙に影響を受けたり、印象に残っている人が居たことを。 この映画は30歳になった薫(ミムラ)が小学生の頃の自分と知り合った女性ヨーコ(竹内結子)を回顧する映画である。 母親の家出をキッカケにヨーコという女性が家の中に入り込むようになる。 それまでの母親とは全く違う女性と少しずつ共に時間を過ごす中で、お互いの中で妙な信頼感が生まれてくる。 80年代のテイストたっぷりの舞台に、ヨーコと薫の不思議な関係を、温かい視線を通して描いた作品だ。 年は離れているものの、少しずつうち溶け合っていくナチュラルチストな物語は、ある種懐かしいその時代を生きた自分自身にも投影されて、その頃に戻ったような疑似体験もできたような気がする。 もちろん、流れはヨーコと薫を中心に進むのだが、実は全く知らなかったのだが、二人が旅に出て宿を探すシーンで、樹木希林が登場する。 このあたりで淡々と進んでいた話とは違った感触が生まれる。 この人一人いるだけで、どうしてこんなに映画の印象が変わるのだろう。 不思議だけど、そこがこの人のバイプレーヤーとしての存在感なのだろう。 原作は読んでいないので吉田新太演じるオヤジがこのようなテイストなのかどうかはわからない。 ただ全体の流れの中で意外に異種な匂いがしないのはこのキャスティングは合っていたのだろう。 根岸吉太郎監督も好きな監督の一人だ。 初期の監督の作品の中に、この映画に近いテイストの作品があったなぁと思いながら、山口百恵の自宅を訪ねるようなところ(実際には見つけられなかったが)や、釣堀やパックマンのテーブルゲームだったり、五円玉に細工をして自販機で使ったり、80年代グッズも映画の至るところにちりばめられていた。 コーラって幾つのときに初めて飲んだんだっけかなぁ・・

_ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 - 2007/07/22 20:47

どの靴を履いて行って良いのかわからなくなっていた夏、 私は20年前の特別な夏を思い出す。 母は家を出て行ったあの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。 「サイドカーに犬」

_ hinemosu*theater* - 2007/07/23 16:45


ーあの夏、ヨーコさんが教えてくれたこと。
   コーラと清志郎と 思い切り笑うこと。ー



☆cast--------------------------------------
竹内 結子
古田 新太
松本 花奈
谷山 毅
ミムラ
鈴木 砂羽
 
☆crew------------------------------------
監督:根岸 吉太郎
原作:長嶋 有



☆ストーリー------------------------------------

 不動産会社に勤務する薫(ミムラ)...

_ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! - 2007/07/25 00:12

人気ブログランキングの順位は?


母が家出してから数日、その人は突然現れた・・・

性格 豪快、大ざっぱ、大胆、でも時々涙
あの夏、ヨーコさんが教えてくれたこと
コーラと清志郎と思い切り笑うこと


あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。




_ とんとん・にっき - 2007/07/31 18:28

「サイドカーに犬」、原作者・長嶋有は1972年生まれ。小説「サイドカーに犬」でデビュー、文学界」2002年6月号に掲載され、第92回文学界新人賞を受賞し、2002年に「猛スピードで母は」で第126回芥川賞を受賞。この2編をあわせた「猛スピードで母は」(文藝春秋刊)は、

_ mountain77 D.Reverse side 映画のムコウ - 2007/08/14 07:54



 今年最大の期待作品。


 やっぱり竹内結子は映画女優だ。

_ デコ親父はいつも減量中 - 2007/08/20 23:37


監督:根岸吉太郎
出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、谷山毅、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、温水洋一、伊勢谷友介、樹木希林、椎名桔平

評価:84点

公式サイト

(ネタバレあります)
1980年頃が舞台。
ううむ、微妙だった。
あと5年くらい若け...

_ tetujin's blog - 2008/06/16 20:50

人がサイドカーに惹かれるようになるきっかけはなんだろう。おしゃれな中年の男性が、ゴーグルをつけた奥さんをサイドカーに乗せて運転しているのにすれ違う。まれに、この映画のように、犬用ゴーグルをつけた大型犬を乗せたドライバーを見かけたことがあるが、やっぱ...

_ 新!やさぐれ日記 - 2008/07/07 23:11

■動機
竹内結子がメインじゃないみたいだったから
■感想
竹内結子のくせにいいじゃんこれ
■満足度
★★★★★★☆ いいかも

■あらすじ
不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日、有給をとって釣堀に出かける。彼女は少女にエサをつけてあげながら、20年前の刺激的な夏休みを思い出していた。母の家出後、ヨーコ(竹内結子)という若い女性が夕飯を作りに現れる。型破りだが温かい心を持つ彼女に、小4の薫(松本花奈)はすっかり魅了されるのだった。
■コメント
主演女優・竹内結子が苦手で食わず嫌いをしていた映画。
破天荒な役柄の竹内結子が前面に出てきてひとつの家族のなんやかんやと影響...

_ 観たよ〜ん〜 - 2008/10/19 07:51

「サイドカーに犬」のDVDを見ました〜♪

ある夏、薫の前に現れたヨーコ、子供だった薫が大人の世界に一歩踏み出す、そんなきっかけを作ってくれた。そんな出会いを綴った映画ですねぇ〜♪

でも、設定がちょっとおかしくない?山口百恵が引退したのって1980年だよね?この映画の公開が、2007年だから27年前か・・・27年前に小学生の6年だったら、現在30歳の後半くらいの年齢じゃないのか?

竹内結子が魅力的だねぇ〜♪この女優さん、あまり興味なかったんだけど、この映画でのハスっぱな演技がエエ感じですわぁ〜♪「許すつもりの無い人に謝っても仕方ないのぉっ!」って台詞と頭突きカッコ良かったです。

樹木希林が、ムー一族の婆ちゃんみたいで懐かしかったです〜♪ジュリーって叫ばなかったのが残念・・・(笑)



人気Blogランキング
     ↑
押せば、ジュリーって叫ぶかも!?

Blog人気ランキングに参加してます。
ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪