無題2007/03/31 12:00

1か月以上もブログを更新できなかった...違う、しなかった。
引っ越しもしたし、4月になるし、桜も満開だし、気分一新またいろんな感じた事を綴ろう。

感情という生き物は正直で、僕はそれに支配され、情動によって錯乱状態に陥り。でも僕は思う、それもまた正しい本来の自分なんだろう。
現実から逃げるため、いろんな事に時間を費やし、時間に癒されることを願ったけど、まぁそう思っているうちは無理だってことに気付いた。だって明らかに無理してるから。

「自然体で行こう。」

自分は自分でしかなく、でも一番理解できない存在かもしれない。だって何考えてるか分らないし、答えてくれないんだもん。

だったら、僕は、もっと耳を澄まして、周りの音をしっかり聞いて、声にならない君の考えている事をゆっくりと感じて理解していくしかない。

いつまでも未熟な君を赦し、受け入れ、愛し、意志の力を取り戻し、誰かの作った世界地図を信じて疑わなかったことで気づかなかった、まだ真っ白な君の世界地図に色を付けて行くよ。

コメント

_ Kelly ― 2007/05/21 13:03

こんにちは。お久しぶりです。
メッセージを読むのがとても遅くなり、ご返事がこれまたものすごく遅くなったことをお詫びいたします。

さて、記事の感想ですが、そうですね。私も同じようなことを考えている時期がありましたが、何も考えないってことは、「山田かまち」も言っていたように、本当に難しいことです。

だけど、何も考えないことを体験することも必要だそうな・・・。

たとえば、どうしても考えてしまう自分がいたら、それを客観的に見つめるだけにするんだそうです。
雑踏の中、人の波がただ通り過ぎてゆくように、考えている自分を、「考えている自分がいるな・・・」と、ただとおり過ごさせるようにするのだそうです。

難しいけど、意識しながら続けていくと、いつか無意識にそれができるようになるようですね。

当たり前のことでも、映画などを見ていると、改めて気付かされることなどがありますよね。

では、またお邪魔しますね。

I sent you message on your blogpet site. See you!

_ raccoon ― 2007/06/10 17:19

こんにちは、こちらこそお久しぶりです。

つい難しく、高尚に考えてしまう傾向に陥ることがあるんですよね。理解しようと思えば思うほど、自分の中に落ちていくんです。
けど、答えはほとんどの場合、外の世界、他人のなかにあるので、客観的に観ることが大切だなって思います。当り前のこと忘れないようにするためにも。

Thank you for your message!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://schicksal.asablo.jp/blog/2007/03/31/1358341/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。