人頼み 傷つかぬ恋2007/01/08 23:15

花火
今朝の読売新聞朝刊、社会面にこんな話題が。
恋愛指南本大人気 恋文の代筆も

モテの極意59
モテる人の法則
小悪魔な女になる方法
といった本が書店では人気ということ。確かに本屋さんにいくとたくさん並んでるかも。「小悪魔」ってのは結構昔からあるよね。

そうだな~、「もてたい」という気持ちはわかる。もっと広げると「好かれたい」「気にかけて欲しい」かな。きっと世の中は愛情に飢えているんだろうね。でも、傷つきたくない。
恋に対しては傷つくことを恐れてしまうな。

言葉遊びかもしれないけど、恋と愛。僕の中でもまだ分からないことばかりなんだけど。恋は相手に求めてしまう心。自分の抱く恋心に気付いて欲しい、こっちを向いて欲しいって想ってしまう。
愛は、与えたいと想う心。最近思うんだけど、これってエゴかも。相手の気持ちとは無関係に相手を想う。やっぱり究極のエゴ。でも仕方ない。愛してしまったんだから。

でも、どっちも結局は「好き」って事なんだよね。

で、僕がなぜこの記事が気になったかというと、恋文(という書き方も今では新しく感じるかな?)の代筆。(女性向け雑誌のフリーライターの大崎智代子さんの記事として紹介されている。)

自分の想いは自分で言葉にしないといけないと思う。かっこいいとか悪いとか、分かりやすくとか、多分そんなものではない気がする。ラブレターとか誰か(限定した相手)に伝える言葉は、僕はテクニックではなく、どれだけ想いを込めるかだと。
最近、恋愛小説家を見たからかな?キャロルがユドールに書いたThank you noteとかいいと思う。
そういえば、虹の女神では、智也があおいにラブレター書いてってお願いしてたな...

なんか、そこだけは人に頼ってはいけない気がする。

自分の気持ちを分かって欲しいと強く願うんだけど、嫌われたくないという気持ちもある。これが強くなると、深読みというか、計算というか、そういった考えが浮かんでくる。

この気持ちもわかるんだけど、それでも、自分の想いは自分の言葉で自分が直接伝えたい。上手く書こうとしたけど、理屈じゃないんだな。そのほうが好きなんだ。

恋と愛の間で人は揺れ動くのかもしれない。人を愛することは難しい。傷つくこともあるけど、僕もいつの日か「あなたに出会えて、死ぬほど好きになってすごく幸せです。」って言葉を伝えたい。それだけで心が満たされることもあるんだ。