ダ・ヴィンチ コード展2006/05/08 23:09

ダ・ヴィンチ コード展
THE DAVINCI CODE MUSEUM

森アーツセンターギャラリー(森タワー52階)で開催されている「ダ・ヴィンチ・コード展」に行って来た。
朝のニュースで、この展覧会が紹介されていて、特に原寸大の《最後の晩餐》をどーしても観たくなって足を運んだ。実は、『ダ・ヴィンチ・コード』を読んでいない僕は、会場まで行って初めてこの展覧会の主旨を知った。

世界初の試みとして「本で読み、ミュージアムで体験し、映画を観る」という3つの楽しみを提案するエンタテインメント・プロジェクトとして開催されます。デジタルメディア、高精細映像を駆使して再現する『ダ・ヴィンチ・コード』の世界。

《ウィトルウィウス的人体図》、《モナ・リザ》、《岩窟の聖母》といった画の解説と、それに関わる謎がデジタル画像で表現されていて、見てて勉強になるし、楽しかった。

「クリプテックス」のゲームがあって、暗号を解くんだけど、この容器が気に入った。
謎解きをしつつ、暗号って不思議だな~って思った。簡単に分からないようにはしてあるものの、解けるようには作ってあるんだよね。誰かに解いて欲しいという作者の想いがあるんだろうか。

イルミナティという秘密結社。僕は知らなかったけど、なんかすごく魅力的。秘密結社という響きか?

あと、ビルゲイツが持ってるというレスター手帳。ダヴィンチは、鏡面文字で書くのが得意だったのかな?まぁでも不思議なもので、鏡面文字でも人間は文字として認識できて、頑張れば読める。解釈できる。
これは、コンピュータではなかなかできない事だろう。教えてあげないとね。でも、人間は感覚的に見たら分かる。当たり前のようで、すごいのかも。

一枚の絵からいろんな事を感じ取れる人間の感性。《モナリザ》の実体は1枚だけしか存在しないけど、見た人の数、心の動きの数が実体のない世界には存在しているんだろうね。

あ、そうそう、もちろん《最後の晩餐》は超大画面で迫力があった!こうなると本物を見たくなる...

展覧会名: ダ・ヴィンチ・コード展
開催時期: 2006年4月27日(木)~6月23日(金) ※会期中無休
開館時間: 10:00~22:00 *入館は閉館時間の30分前まで
会  場:  森アーツセンターギャラリー[六本木ヒルズ森タワー52階]
       東京都港区六本木6-10-1
       TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)